バベルの図書館

書籍と雑誌の要約と解説

買ってはいけない

社会現象を巻き起こした商品実名告発

装丁
買ってはいけない 買ってはいけない
週刊金曜日(船瀬俊介&三好基晴&山中登志子&渡辺雄二)
株式会社金曜日(『週刊金曜日』ブックレット②)
ISBN4-906605-03-6
2005/04/15
¥1000
解説
これから紹介するのは『週刊金曜日』の連載企画「買ってはいけない」で
’96年12月から’99年4月にかけてとりあげた“おすすめできない”商品です。
原則として、記事は掲載当時のまま再録しました。
目次
  1. みなさまに愛を込めて
  2. 食べもの
    1. [山崎製パン] ヤマザキ クリームパン
    2. [ロッテ] ゼロ Zero
    3. [サンキスト] オレンジ
    4. [日清食品] 日清ラ王 しょうゆ
    5. [セブン-イレブン] おにぎり
    6. [味の素] 味の素
    7. [プリマハム] 黒豚特選ロースハム
    8. [味の素] パルスイート
    9. [味の素] ほんだし
    10. [第一屋製パン] オーガニックつぶあん あんぱん
    11. [日清食品] カップヌードル
    12. [ファミリーマート] 手づくり新鮮サンドイッチ
    13. [大塚製薬] ザ・カルシウム
    14. [マクドナルド] ハンバーガー
    15. [ロッテ] カカオの恵み
    16. [夢氷工房] 夢氷
    17. [日本ハム] シャウエッセン 特選ポークあらびき
    18. [ハウス食品] フルーツインゼリー
    19. [山崎製パン] 中華まん ピザまん
    20. [岩下食品] 岩下の新生姜
    21. [ロッテ] キシリトール・ガム
    22. [和光堂] 和光堂ベビーフード
    23. [やまや] 辛子明太子
  3. 飲みもの
    1. [サントリー] ザ・カクテルバー
    2. [大正製薬] リポビタンD
    3. [コカ・コーラ ナショナルセールス] コカ・コーラ ライト
    4. [キリンビール] キリンラガービール
    5. [メルシャン] ワイン
    6. [キリンビバレッジ] 朝のきれいな水
    7. [JT(日本たばこ産業)] 桃の天然水
    8. [西宮酒造] 日本盛
    9. [カルピス] nude ヌード
    10. [森永乳業] 森永牛乳 常温保存可能品
  4. 洗剤
    1. [サンギ] アパガードM
    2. [カネボウ] naive 洗顔フォーム
    3. [P&G] ミューズ
    4. [花王] アタック
    5. [花王] メリット シャンプー&リンス
    6. [ライオン] キレイキレイ 薬用ボディソープ
    7. [ジョンソン] カビキラー
    8. [P&G] ジョイ
    9. [アース製薬] モンダミン
    10. [花王] ハミング1/3
    11. [P&G] ミルトン
    12. [サンスター] ドライアップ
    13. [花王] キッチンハイター
    14. [花王] トイレクイックル
    15. [ライオン] 植物物語
    16. [アース製薬] ポリデント
    17. [小林製薬] ブルーレット
    18. [メニコン] コンタクトレンズ洗浄液&保存液
  5. 化粧品
    1. [資生堂] 薬用不老林
    2. [再春館製薬所] ドモホルンリンクル
    3. [ロート製薬] メンソレータム 薬用リップスティック
    4. [クリスチャン・ディオール] スヴェルト
    5. [資生堂] アウスレーゼ ヘアトニックNA
    6. [資生堂] ブラバス シェービングフォーム&ブラバス アフターシェーブローション
    7. [花王] ニベアクリーム&ニベアスキンミルク
    8. [ホーユー] ビゲン早染め
    9. [マンダム] システム・イーオー(E/O)
    10. [カネボウ] テスティモⅡ スーパーリップ
    11. [花王] NEW 8×4 Plus
  6. くすり
    1. [大鵬薬品] マイルーラ
    2. [久光製薬] エアーサロンパス EX
    3. [池田模範堂] 液体ムヒs
    4. [山之内製薬] ガスター10
    5. [三共] 新ルル-A錠
    6. [大幸薬品] 正露丸
    7. [藤沢薬品工業] エージーアイズ
    8. [佐藤製薬] ラリンゴール
    9. [興和] ウナコーワ 虫よけスプレーS
    10. [田辺製薬] フルコートF
  7. 雑貨
    1. [ツムラ] ツムラの日本の名湯
    2. [ブラウン] 電気カミソリ
    3. [大日本除虫菊] 金鳥の渦巻
    4. [中外製薬] バルサン
    5. [サンスター] Doクリア
    6. [旭化成工業] サランラップ
    7. [大日本除虫菊] タンスにゴン
    8. [日本モンサント] ラウンドアップ
    9. [デュポン社承認] テフロンのフライパン
    10. [ドギーマン ハヤシ] ドギーマンのみ取りバンド&キャティーマンのみ取りバンド
    11. [ピジョン] ポリカーボネート製 哺乳びん
    12. [武田薬品工業] クサノン
    13. [ネピア] ネピアウエットティシュ
    14. [アース製薬] あみ戸に虫こない
    15. [白元] パラゾール
    16. [扶洋薬品] コスミック
    17. [サンハウス] あんしん君
  8. 私がこだわるこの商品
    1. 船瀬俊介 使い捨てしない長く愛用できる逸品好き
    2. 三好基晴 ホンモノのオーガニック食品に目をこらす
    3. 渡辺雄二 必要で安全な製品でムダのない暮らし
    4. 山中登志子 こだわれば花王もライオンもいらない
  9. 私もこだわっていきたい
    1. 北村尚紀 急速に「買ってはいけない」化する私
  10. たばこはいらない
    1. 渡辺文学 「たばこ病」にサヨナラしよう!
  11. 座談会 本誌で言えなかったここだけの話
    1. 船瀬俊介/三好基晴/渡辺雄二 司会・山中登志子
  12. インデックス 67社に登場いただきました!!
  13. 企業にも愛を込めて
文献
  • 泉邦彦『発がん物質事典』[P.19]
  • 丸元淑生『生命の鎖』[P.33]
  • 谷村顕雄『食品添加物公定書解説書』[P.50]
  • 田村豊幸『薬は毒だ』[P.57]
  • 田村豊幸『カルシウム欠乏症』[P.59]
  • 高松修『怖い牛乳良い牛乳』[P.73]
  • ゆうエージェンシー『くらべてみよう・歯みがき剤!!』[P.77]
  • 西岡一『化粧品毒性テーブル』[P.78]
  • 坂下栄『シャンプーはやっぱり石けんで!!』[P.85]
  • 南山堂『医学大事典』[P.129]
  • 体験を伝える会『食品・化粧品・危険度チェックブック』[P.151]
  • 植村振作『農薬毒性の事典』[P.175]
  • シーア・コルボーン『奪われし未来』[P.179]

内容

ホットドッグの消費量と白血病の発症率は比例する[P.38-39]

’94年6月4日、子どもを持つ親にはショッキングなニュースが世界を駆け巡った。
「1ヵ月に12個以上のホットドッグを食べる子どもは、
ほかの子どもたちに比べて白血病にかかるリスクが9倍ロになる」

この衝撃的論文を発表したのは、カリフォルニア大学医学部のジョン・ピーターズ教授ら。
ロサンゼルス地区の白血病にかかった10歳未満の子どもたち
約230人の食生活などを綿密に調べた結果、判明した。
この論文は『がんの原因とコントロール』という医学誌に発表され、
アメリカ社会を震撼させた。
アメリカは1人あたり年平均約80個もホットドッグを食べるという
“ホットドッグ大国”だからだ。
教授らは、ホットドッグ・ソーセージの加工肉に注目。
「保存に使われる亜硝酸塩が関係しているのではないか」と指摘した。
「過去20年間にわたって白血病や脳腫瘍が増え続けている理由の証明に役立つだろう」
とコメントしている。

カラギーナンに発癌促進の疑い有り[P.40-41]

東京都生活文化局が’91年3月に公表した
『天然添加物の安全性に関する文献調査』には、次のようなデータがある。
ラットに対して、発がん性物質を投与し、
カラギーナン15%を含む飼料と含まない飼料を与えて観察したところ、
カラギーナンを含む飼料を食べたラットの場合、結腸腫瘍の発生頻度が高くなった。
つまり、カラギーナンには発がんの促進作用があるということだ。

またモルモットに対して、カラギーナンを5%含む飼料を与えたところ、
カラギーナンを5%含む飼料を与えたところ、
3~5週間後に結腸腫瘍が発生し、なかには腫瘍ができたものもあった。

一方、ハムスターやヒヒに対して行なった実験データもあるが、
それらはカラギーナンの悪影響はみられなかったとなっている。

アスパルテーム脳腫瘍報道[P.59]

TBSテレビが’97年3月24日に放送した
アメリカのCBSレポート『How sweet is it ?』のなかで、
がん予防センターのデボラ・デイビス博士は、
「環境と脳腫瘍の関係を調べると、
アスパルテームは脳腫瘍を引き起こす要因の可能性がある」と指摘し、
ワシントン大学医学部のジョー・オルニー博士は、
「20年前以上前のアスパルテームの動物実験で認められたものと同じタイプの脳腫瘍が、
アメリカ人に劇的に増えている」と警告している。

コンタクトレンズを水道水ですすぐと失明する[P.111]

「洗浄液や保存液が残留した場合、それで結膜炎を起こす人がいます。
結膜が赤くなる、かゆくなる、目が乾いた状態になるなど」と語るのは、
参宮橋アイクリニック五反田の奥山公道おくやまこうどう院長だ。
また、「水道水でコンタクトレンズをすすぐことが、失明につながることもある」
と警告を発する。
「マンションなどで水道水をためる貯水槽に
アカントアメーバというアメーバの一種が増殖するケースがあり、
それがレンズに付着すると、場合によってはそのアメーバが角膜を食べてしまい、
失明することもあるのです」。
したがって必ず蒸留水で十分にすすぐことが必要なのだと言う。

株式会社ライオンの社長は洗剤を使わない[P.119]

ライオン奥様サロンに小林社長(当時)が奥方を連れてきた時の話である。
その場に居合わせた九州の石鹸運動家は皮肉まじりにこう尋ねた。

「ライオンさんはあれだけ合成洗剤のテレビ広告をやって、なんですか。

今日はライオンの社長さんがおるから聞きたいのだけど、
あんたのところは、
おたくのライオンの合成洗剤ば使うておらっしゃるとでしょうね」

これを受けて小林社長(当時)はこう答えた。
「もちろん、わたしの家ではわが社の合成洗剤を愛用しております」

しかし奥方が袖を引っ張ってこう言ったので皆唖然とした。
「あれは危ないからというのでみんなせっけんに替えたじゃないですか」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です