バベルの図書館

書籍と雑誌の要約と解説

関節炎には天然Ⅱ型コラーゲンがよく効く

アメリカからの朗報

装丁
関節炎には天然Ⅱ型コラーゲンがよく効く 関節炎には天然Ⅱ型コラーゲンがよく効く
川西秀徳(元ロバート・ウッド・ジョンソン医学校内科教授/元浦添総合病院院長)
ペガサス
ISBN4-89332-053-7
C2047
2007/04/10
¥1200

関節炎はなかなか根治の難しい病気ですが、
最近その難病に天然(非変性)Ⅱ型コラーゲンがよく効く
という論文がアメリカで発表されました。
関節炎の患者にはこの上ない朗報です。

この本はその論文を基に、関節炎に著効があるという
天然(非変性)Ⅱ型コラーゲンの効果とそのメカニズムをわかりやすく紹介し、
合わせて関節炎の予防改善に役に立つ生活スタイル
(食事療法、運動療法など)の基本を簡潔に説いています。

目次
  1. 「つらい関節痛をもとから治したい」方に朗報!
  2. 関節炎はなぜ起こるのか? そのメカニズムと治療法
  3. 「非変性Ⅱ型コラーゲン」は、なぜ関節炎に効くのか?
  4. 関節炎の効果的な予防法・改善法
  5. 関節炎に効く“食べ物と運動”
文献
  • 『国民生活基礎調査』[P.47]

内容

  • 傷んだ関節を手術によって人工関節に置き換えれば根本治療になるかといえば、人工関節の寿命や細菌感染などによって再手術が必要になる
    ケースもあります。[P.9]
  • 各種のサプリメントによって不足している成分を補い、関節軟骨などの再生を促すという方法もありますが、効果はあまり上がりませんでした。[P.9]
  • 軟骨の成分[P.55-56]
  • 経口免疫寛容(経口トレランス)[P.62]
  • トレンタム博士は、就寝前の空腹時に非変性Ⅱ型コラーゲンを10ミリグラム、水とともにとると効果的であるとしています。[P.66]
  • 案外多いのが、くしゃみをした拍子にぎっくり腰になったというケースです。[P.94]

軟骨の成分[P.55-56]

関節軟骨は2%の軟骨細胞と98%の細胞外基質からできていて、
細胞外基質の60~75%が水分、15~20%がⅡ型コラーゲン、
残りをコンドロイチンやヒアルロン酸、Ⅸ型コラーゲンなどが占めています。
関節軟骨は水分を除けば、ほとんどがⅡ型コラーゲンからできているといえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です