バベルの図書館

書籍と雑誌の要約と解説

乳がんと牛乳

乳がん・前立腺がんの原因は牛乳だ!

装丁
乳がんと牛乳 がん細胞はなぜ消えたのか 乳がんと牛乳 がん細胞はなぜ消えたのか
Your Life in Your Hands – Understanding,Preventing and Overcoming Breast Cancer
Jane Plant(インペリアル大学地球化学教授)
訳・佐藤章夫(山梨医科大学名誉教授)
径書房
ISBN4-7705-0200-1
2008/10/03
¥2400
世界が読んで驚いた400万部の大ベストセラー!!

転移4回の進行性乳がんに侵されながら、
乳がんの原因を探り続け、
彼女はついに真犯人を発見する!
それから15年、
彼女の乳がんは一度も再発していない。
乳がん・前立腺がんは克服できる!

目次
  1. 帽子と大蛇と科学者
    1. 物語はいかに始まったか
    2. 乳がんになった!
    3. チャリング・クロス病院へ
    4. 化学はなぜときに人間の幸福につながらないのか
    5. 私の物語の続き
    6. 自分のことは自分で決める
    7. もう被害者になるのはご免だ
    8. 乳がんの自己検診
    9. 治療の前に精密検査を受けた
    10. 乳房全摘を選んでしまった!
    11. 人工乳房をつけた
    12. 中間評価
    13. リンパ節転移で放射線による卵巣摘除を受けた
    14. 抗がん剤治療を受けた!
    15. よりよいがん治療を受けるために
  2. 悪さをする細胞
    1. よい細胞が悪い細胞になる
    2. 間違った型紙でセーターを編む
    3. すべてが遺伝子で決まるのか?
  3. 3番目のイチゴを探す
    1. 科学的探究心
    2. 私はなにが原因で乳がんになったのか
    3. 獲物は近くにいる
    4. 東洋に学ぶ
    5. 天啓の鐘が鳴る
    6. 獲物を捕まえた!
    7. どうしたらよいのか
    8. 自然食品のミルクが健康に悪い?
  4. 金持ち女の病気
    1. ホルモンと乳房
    2. 牛乳のどこが問題なのか
    3. 乳製品が乳がんの原因となる確実な証拠
    4. 私の勧め
  5. プラント・プログラム – 食事編
    1. プラント・プログラムの概略
    2. 科学的根拠をもつ
    3. 食事に関する原則その1 豆類を増やす
    4. 食事に関する原則その2 野菜を増やす
      1. 有機農産物と農薬
    5. 食事に関する原則その3 タンパク質について
    6. 食事に関する原則その4 油脂について
    7. 食事に関する原則その5 調味料と香味料について
    8. 食事に関する原則その6 間食について
    9. 食事に関する原則その7 飲み物について
    10. 一目でわかる「プラント・プログラム」の食事に関するまとめ
  6. プラント・プログラム – 生活スタイル編
    1. 生活スタイルその1 ビタミン・ミネラルのサプリメントをどうするか
    2. 生活スタイルその2 食品の包装
    3. 生活スタイルその3 調理
    4. 生活スタイルその4 ストレス対処の方法
      1. 乳がんのストレスに対処する
      2. 家族のあれこれ
      3. 手を差しのべてくれた人たち
      4. 「すべきこと」と「してはいけないこと」
    5. 生活スタイルその5 環境中の有害物質を避ける
    6. それではどうしたらよいのか
    7. 海外に出たら
  7. 東洋の目で西洋を眺める
    1. どこが間違っているのか
    2. 被告席の乳製品
    3. 自分の生命は自分でまもる
    4. 私が提案する黄金の十カ条
文献
  • ジェイムス・E・ラブロック『ガイアー地球は生きている』[P.32]
  • ニール・バーナード『命の食事(Food for Life)』[P.169]
  • ルイーズ・ヘイ『あなたの病気はあなたが治す(You Can Heal Your life)』[P.232]
  • ユン・チアン『ワイルド・スワン』[P.233]
  • ベンジャミン・スポック『Baby and Child care』[P.272]
  • 04) Kliewer EV, Smith KR. Breast cancer mortality among immigrants in Australia and Canada.J Natl Caner Inst 1995;87:1154-1161.
  • 05) Cramer DW, Harlow BL, Willett WC, Welch WR, Bell DA, Scully RE, Ng WC, Knapp RC. Galactose consumption and metabolism in relation to the risk of ovarian cancer. Lancet 1989; 8654:66-71.
  • 06) Stocks P. Breast cancer anomalics. Br J Cancer 1970;24:633-643.
  • 07) Aoki S. Rekatuib if food consumption to cancer mortality in Japan, with special reference to international figures. Gann1977;68:1-13.
  • 08) American Academy of Pediatrics Committee on Nutrition. The use of whole cows’ milk in infancy. Pediatrics 1992;89:1105-1109.
  • 09) Clyne PS, Kulczycki A. Human breast milk contains bovine IgG. Relationship to infant colic? Pediatrics 1991; 87:439-444.
  • 10) Scott FW. Cow milk and insulin-dependent diabetes mellitus: is there a relationship? Am J Clin Nutr 1990; 51:489-491.
  • 12) The Institute of Food Science & Technology Position Statement. Food Science Technology Today 1998; 12:223-228.
  • 13) European Commission, Scientific Committee on Veterinary Measures relating to Public Health. Report on Pblic Health Aspects of the Use of Vovine Somatotropin, March 15-16,1999.
  • 14) Westin JB. Carcinogens in Israeli milk: a study in regulatory failure. Int J Health Serv 1993; 23:497-517.
  • 15) Outwater JL, Nicholson A, Barnard N. Dairy products and breast cancer: the IGF-1, estrogen, and bGH hypothesis. Medical Hypotheses 1997;48;453-461.
  • 17) Mepham TB, Schofield PN, Zumkeller W, Cotterill AM. Safety of milk from cows treated with bovine somatotropin. Lancet 1994; 344(8916):197-198.
  • 18) Miller MA, Hildebrand JR, White TC, Hammond BG, Madson KS, Collier RJ. Determination of insulin-like growth factor-1(IGF-1) concentrations in raw pasteurized and heat treated milk. J Dairy Sci 1989; 72(Suppl 1):186-187.
  • 19) Hankinson SE. Circulating concentrations of insulin-like growth factor-1 and risk of breast cancer. Lancet 1998;351(9113):1393-1396.
  • 20) Pollak MN. Tamoxifen reduces serum insulin-like growth factorⅠ(IGF-Ⅰ). Breast cancer Res Treat 1992;22:91-100.
  • 21) Chan JM, Stampfer MJ, Giovannucci E, Gann PH, Ma J, Wilkinson P, Hennekens CH, Pollak M. Plasma insulin-like growth factor-Ⅰ and prostate cancer risk: a prospective study. Science 1998; 279(5350):563-566.
  • 22) Holly J. Insulin-like growth factor-Ⅰ and new opportunities for cancer prevention. Lancet 1998; 351(9113):1373-1375.
  • 23) Epstein SS. Unlabelled milk from cows treated with biosynthetic growth hormones. A case of regulatory abdication. Int J Health Services 1996; 26:173-185.
  • 24) Cullen KJ. Insulin-like growth factor receptor expression and function in human breast cancer. Cancer Res 1990;56:48-53.
  • 25) DeLeon DD. Effects of insulin-like growth the proliferation of human breast cancer cells. Growth Factors 1992;6:327-336.
  • 26) Peyrat JP, Bonneterre J, Hecquet B, Vennin P, Lowchez MM, Fournier C, Lefebvre J, Demaille A. Plasma insulin-like growth factor 1(IGF-1) concentrations in human breast cancer. Eur J Cancer 1993:29A;492-497.
  • 37) Outwater JL, Nicholson A, Barnard N. Dairy products and breast cancer; the IGF-1, estrogen, and bGH hypothesis. Medical Hypotheses 1997; 48:453-461.
  • 40) Qin LQ, Xu JY,Wang PY, Ganmaa D, Li J, Wang J, Kaneko T, Hoshi K, Shirai T, Sato A. Low-fat milk promotes the development of 7,12-dimethyl[a]benzanthracene(DMBA)-induced mammary tumors in rats. Int J Cancer 2004; 110:491-496.
  • 41) Zhow H, Qin LQ, Tang FL, Ma DF, Wang PY, Wang Y. Effect of milk on the 7,12-dimethylbenz[a]-anthracene-induced mammary tumor model in rat. Food Chem Toxicol 2007;45:1868-1872.
  • 44) Ganmaa D, Sato A. The possible role of female sex hormones in milk from pregnant cows in the development of breast, ovarian and corpus uteri cancers. Medical Hypotheses 2005; 65:1028-1037.
  • 45) Kurahashi N, Inoue M, Iwasaki S, Sasazuki S, Tsugane S; Japan Public Health Center-Based Prospective Study Group. Dairy product, saturated fatty acid, and calcium intake and prostate cancer in a prospective cohort of Japanese men. Cancer Epidemiol Biomarkers Prev 2008; 17:930-937.
  • 46) Collaborative Group on Hormonal Factors in Breast Cancer. Breast cancer and hormonal contraceptives: collaborative reanalysis of individual data on 53,297 women with breast cancer and 100,239 women without breast cancer from 54 epidemiological studies. Lancet 196; 347(9017):1713-1727.
  • 65) Pinto JT, Qiao C, Xing J, Rivlin RS, Protomastro ML, Weissler ML, Tao Y, Thaler H, Heston WD. Effects of garlic thioallyl derivatives on growth, glutathione concentration, and polyamine formation of human prostate carcinoma cells in culture. Am J Clin Nutr 1997; 66:398-405.
  • 66) Li G, Qiao CH, Lin RI, Pinto JT, Osborne MP, Tiwari RK. Antiproliferative effects of garlic constituents in cultured human breast cancer cells. Oncology Rpts 1995; 2:787-791.
  • 68) Doll R and Peto R. The Causes of Cancer: Quantitative Estimates of Avoidable Risks of Cancers in the United States Today. New York: Oxford University Press, 1981.
  • 79) Willett WC. Micronutrients and cancer risk. Am J Clin Nutr 1994; 59(5 Suppl):1162S-1165S.
  • 83) Tou JC, Thompson LU. Exposure to flaxseed or its lignan component during different developmental stages influences rat mammary gland structures. Carcinogenesis 1999; 20:1831-1835.
  • 88) Smith-Warner SA, Spiegelman D, Yaun S-S, van den Brandt PA, Folsom AR, Goldbohm RA, Graham S, Holmberg L, Howe GR, Marshall JR, Miller AB, Potter JD, Speizer FE, Willett WC, Wolk A, Hunter DJ. Alcohol and Breast Cancer in Women. A Pooled Analysis of Cohort Studies. JAMA 1998; 279:535-540.
  • 90) Shamberger RJ, Tytko SA, Willis CE. Antioxidants and cancer. Part Ⅵ. Selenium and age-adjusted human cancer mortality. Arch Enbiron Health 1976: 31:231-235.

内容

  1. がん患者は心理的に追いつめられている。絶え間なくいろいろな処置を受けていると、自分で考える力を失って「どうでもいい」と感じてしまう。[P.48]
  2. 躁うつ病の父親のエピソード[P.49]
  3. 「はい、先生」症候群[P.50]
  4. パニックから乳房全切除を選んだジェーン・プラント[P.62]
  5. 処方量の医療ミス[P.81]
  6. どこも同じようなものだが、科学の世界も狂信的なほどに排外的で、「外国人」の研究結果を認めようとしない。私はこれをRaffy症候群(Refuse to Accept Foreign Facts Yet = 外国研究否認病)と呼んでいる。[P.111-112]
  7. 軟骨の変性によって骨の一部が異常に大きくなるカシン-ベック病(訳注:変形性骨軟骨関節症。カシン-ベックという病名は発見者のカシンとベックに由来する)も穀物中にセレンとヨウ素の少ないことが原因であると考えられている。[P.112]
  8. 中国には乳癌が少ない[P.112-113]
  9. 移民研究によれば、中国人や日本人が西洋に移住すると、1~2世代のうちに乳がんや前立腺がんの発生率と死亡率が西洋人と変わらなくなってしまう。04[P.114]
  10. 香港で西洋人の生活様式を採り入れた中国人、あるいはマレーシアやシンガポールで西洋式生活を送る豊かな中国人の乳がんや前立腺がんの発生率も、西洋人の発生率に近づくことが知られている。[P.114]
  11. 中国で乳がんは、俗に「富貴婦病=金持ち女の病気」と呼ばれていた。[P.114]
  12. 日本は原爆攻撃を受けた。それ以来、科学者は、広島と長崎で、放射能とがんの関係を詳細に研究してきた。しかし、この2つの地域の乳がんと前立腺がんの発生率は他の日本の都市とほぼ同じである。[P.115]
  13. 中国人は乳製品を食べない[P.118-119]
  14. クレイマー博士の卵巣癌ヨーグルト説[P.120]
  15. 乳製品を断ったら乳癌が完治したジェーン・プラント[P.121-122]
  16. 1970年には、脂肪の摂取量が多くても乳製品の摂取量が少ない地域では乳がんの死亡が少ないという研究が報告されている。06[P.122]
  17. 日本では脂肪摂取量が少ないのに、乳・乳製品の摂取量が多くなるにしたがって乳がんの発生率が高くなっている。07[P.122]
  18. 1992年のアメリカの統計によると、アメリカ人は平均すると1人あたり1日700グラムの乳製品を摂取するということだ。[P.127]
  19. 思春期には、成長ホルモンがインスリン様成長因子1(IGF-1)の分泌を促し、その刺激によって乳房が大きくなる。[P.128]
  20. アメリカ小児学会の栄養委員会は、生後1年以内の乳児に与えるものから牛乳を除くように勧告している。08[P.130]
  21. 授乳中の母親が牛乳を飲むと乳児に腹痛が起きる[P.130]
  22. 多くの国で行われた疫学研究が、牛乳消費量と1型糖尿病の発生率のあいだに強い関係があることを示している。10[P.131]
  23. 腸過敏性症候群パラ結核菌説[P.132]
  24. 1990年のアメリカ農務省の調査によると、14都市で集めた牛乳の51パーセントに抗生物質の残留が認められたという。[P.133]
  25. EUでは、人口の3~10パーセントが、ペニシリンだけでなく、乳牛の乳腺炎の治療によく使われる他の抗生物質にもアレルギー反応を示すと推定されている。[P.134]
  26. EUの報告13は、「遺伝子組み換えウシ成長ホルモン」(訳注:このホルモンはアメリカなどで泌乳量を増やすために乳牛に使われている。136ページ参照)の使用にともなって乳房炎が増え、その治療に使われる大量の抗生物質が、耐性菌の増加に拍車をかけていると述べている。[P.134]
  27. イスラエルの乳癌死亡率は牛乳中の残留農薬に関係している[P.134]
  28. 組み換えウシ成長ホルモン(rBGH)を与えられた乳牛のだすミルク中のIGF-1は普通の牛乳より2~5倍も高く、その乳牛の肉のIGF-1濃度は普通の乳牛の肉の2倍ほど高い。17[P.137]
  29. IGF-1は、牛乳を63度で30分間加熱するという滅菌方法では壊れない。普通の高温殺菌より高い175度で45秒加熱してもIGF-1が減少しなかったという報告もある。18[P.137]
  30. 1998年にスーザン・ハンキンスン博士に率いられたアメリカとカナダの研究チームは、更年期前の女性を調べて、血中のIGF-1濃度がもっとも高い女性はもっとも低い女性にくらべて乳がんになるリスクが3倍高いという結果を発表した。19[P.138]
  31. 乳がんの治療にタモキシフェンという薬剤が用いられているが、マギル大学のポーラック教授によると、その薬効の一部はこの薬剤が血中のIGF-1濃度を下げることになるという。20[P.138]
  32. マギル大学とハーバード大学の研究者は、血液中のIGF-1濃度が前立腺がんの発生とも関係が深いという研究結果を発表している。21[P.138]
  33. IGF-1は、乳腺細胞と前立腺細胞だけでなく、多種多様な細胞の分裂と増殖を刺激するから、この成長因子と他の一般的ながんとの関連を指摘する研究者もいる。22[P.138]
  34. イリノイ大学のエプスタイン博士が、組み換えウシ成長ホルモン(rBGH)を注射した乳牛から搾乳した牛乳を飲むと、血液中のIGF-1が増えて乳がんと大腸がんの発生が増えるという研究結果を報告した。23[P.139]
  35. EU科学会議は、過剰なIGF-1は乳がんと前立腺がんの発生リスクの深刻な増加をもたらすというリスク判定を行っている。[P.139]
  36. IGF-1は、IGF-1リセプター(受容体)を介して乳がん細胞の増殖を促す。24[P.139]
  37. 培養乳がん細胞は、ごく微量のIGF-1に反応して分裂増殖する。25[P.139]
  38. 乳がん女性の血中IGF-1濃度は、健康女性の濃度より高かった。26[P.139]
  39. レンブラントによって1654年に描かれた裸婦像「バト・シェバ」では、モデルとなった女性が左乳房に大きな腫瘍を抱えていることがみてとれる。[P.142]
  40. ここで強調しなければならない重要なことは、牛乳中のエストロジェンがインスリン様成長因子1(IGF-1)の増加をもたらすことである。37[P.144]
  41. 市販牛乳はエストロジェン作用を示す(ラットの子宮肥大試験が陽性)とともに、ラットで乳腺腫瘍の発生・増殖を強く促進する。40[P.145]
  42. 妊娠牛から搾った牛乳の乳腺腫瘍促進作用は、非妊娠牛から搾った牛乳よりも強力である。41[P.145]
  43. 明らかに、乳・乳製品の消費量の多い国では乳がんの発生が多い(相関係数=0・817)。44[P.152]
  44. 厚生労働省研究班の乳製品と前立腺がんの疫学調査[P.153-154]
  45. なぜ、年をとるにつれて乳がんが増えるのか。その答えは、ホルモンカクテルである乳・乳製品を毎日のようにとっていると、エストロジェンの影響からまぬがれつつある(閉経期)、あるいはすでにまぬがれている(閉経後)乳腺細胞が、ホルモンや成長因子に曝されてしまうからである。[P.154]
  46. プラントプログラム[P.158-159]
  47. 同毒療法の害悪[P.160]
  48. 「出産・授乳すると乳癌になりにくい」という説に根拠なし[P.160-161]
  49. 避妊薬ピルを服用すると乳癌のリスクが上昇する[P.162]
  50. 乳癌患者の牛乳人体実験[P.166]
  51. イヌイットのカルシウム摂取量は、平均的な西洋人の2倍も高い(1日2000ミリグラム)。しかし、彼らの骨粗鬆の発生率は高く、アメリカの白人にくらべて骨量が10~15パーセントも低い。[P.168]
  52. 更年期症状で悩む多くの人に豆乳を勧めたところ、数日で症状が消えて、みんなびっくりしていた。[P.177]
  53. 植物は癌にならない[P.178]
  54. 生ジュース療法を併用すれば抗癌剤を投与しても髪が抜けない[P.180]
  55. アリシンは実験室の研究で、乳腺と前立腺のがん細胞の増殖を抑制することが確認されている。6566[P.183]
  56. 有名な疫学者のドールとペトーの意見によると、合成農薬に起因するがんは全がんのたかだか2パーセント程度のものだろうということになっている。68[P.188]
  57. もっとも大切なことは、乳牛の肉を食べてはならないということだ。私は乳牛肉のひき肉でつくったハンバーガーやソーセージなどは決して食べない。「乳牛の肉は牛乳よりもたくさんおIGF-1を含んでいる」というEUの公式発表を想いだしてほしい。[P.196-197]
  58. ヨウ素が欠乏すると肌が荒れるジェーン・プラント[P.199]
  59. ブラジルナッツはラジウムに汚染されている[P.200]
  60. ビタミンDが骨を健康に保つのに必要であることは古くから知られていたが、ロンドンのセント・ジョージ医科大学とハーバード大学の研究によると、乳がんの予防にもなるという。79[P.205]
  61. 亜麻仁に豊富に含まれているリグナンの前駆体が、ラットの乳がんの発生を防ぐことが確かめられている。83[P.207]
  62. ハーバード大学がまとめた最近の研究によると、アルコールをたくさん飲むほど乳がんリスクが高くなるという。88[P.219]
  63. 私はワインを飲まない。ワインは酸性度が強く、私の場合、膀胱炎と関節炎の原因になることがあるからである。[P.219]
  64. 中国の女性がアルコールを飲む姿はほとんど見たことがない。[P.220]
  65. 土壌のセレン濃度が高い地域ほど癌が少ない[P.226]
  66. 病気になっても習慣を変えられなかったジョン・カマック医師[P.269]
  67. 妊娠中でも搾乳する現代酪農[P.297-300]

躁うつ病の父親のエピソード[P.49]

父は非常に賢い人だった。
私は今でも、父が学生時代に受けた数々の賞を保管している。
けれども悲しいことに、父は躁うつ病で、ときどき激しい発作に襲われた。
1950年代から1960年代の初めにかけて、
何人かの精神科医の治療を受けていたのだが、
治療代は高く、母は治療費を稼ぐために懸命に働いた。
私の脳裏には、もっともらしく権威をふりかざしながら、
苦悩する人々から金をまきあげる彼らの言動が焼きついている。
今でも、LSD(訳注:服用により幻視を中心にした精神病状態を起こす)をのまされ、
電気ショック(訳注:脳に電流を流す、精神障害に対する治療法。患者ははげしくけいれんする)
を受けたときの父の姿を覚えている。
その当時の電気ショック用器具はあまりにも不具合で、
患者の脳がどのくらいの電圧・電流に晒されるのか誰にもわからなかった。
悲しいことに、父は人格も知能も壊れてしまって、行動はまるで子どものようであった。
病院に連れていかないでくれと哀願して泣き叫ぶ父の姿が忘れられない。

「はい、先生」症候群[P.50]

イギリス患者協会によると、イギリスには最良の治療を求めないで、
「お行儀のよさのために死んでいる」がん患者が多いという。
さらに患者協会は、イギリスのがん患者の生存率は他のヨーロッパ諸国にくらべて低いという。
その理由は、「はい、先生」症候群がイギリスに蔓延しているからだというのである。

パニックから乳房全切除を選んだジェーン・プラント[P.62]

私が、いまだに後悔している決定的なミスを冒したのは、ある日曜日の午後だった。
ちょうど月経前緊張症の最中で、療法の乳房が腫れて痛かった。
乳房を押してみると、あらゆるところに固まりがあるではないか。
パニックに陥った。すぐ病院に電話した。
予約を入れていなかったので、担当の外科医に会うことはできなかった。
病院でほかの外科医の診察を受けた。
このときの私は無知で、乳がんの治療において
「乳房部分切除+放射線治療」と「乳房全切除」のどちらがよいかをめぐって
激しい論争が交わされているということをまったく知らなかった。
しかも、同じ病院のなかで、まったく反対の意見をもつ医師がいるなどとは
思いもしなかった(科学の世界ではよくあることなのに)。
その医師は、いつもの医師と違って、乳房全切除派であった。
彼は、断固として、私のがんは非浸潤性だが乳管がんだから、乳房全切除を行うべきだと主張した。
そうしなければ、私の命はよくもって3か月だと言うのである。
この医師は、付き添ってくれた夫のピーター
(彼も科学者)の厳しい質問を頑なとしてはねつけ、圧力をかけ続けた。
あとで知ったことだが、
彼は乳がんのタイプ別の治療に関して学位論文を完成したばかりのところであった。
ピーターは医師の説明に納得せず、彼の意見を無視するようにと言った。
ところが、動顛していた私は、医師の意見に驚きおののき、茫然自失のままに、
ただただ小さな子ども(このとき6歳と13歳)のためにも、
まだ死ぬわけにはいかないと思って乳房全切除を選んでしまった。

処方量の医療ミス[P.81]

ある日、乳がんの友人の抗がん剤治療に付き添ってある病院に行った。
その病院の医師が治療前の検査結果をコンピューターに入力(身長と体重で薬剤料が決まる)。
薬剤部に行って、医師が処方したくすりを薬剤師から受けとった。
私はすぐラベルを読んだ(これは私の習い性となっている)。
彼女の体重が少し減ったので、くすりの量もわずかに減るはずだったのに、なんと2倍になっていた。
処置室へ行って「ちょっと変だと思うから、使う前にくすりの量を調べてください」
と薬剤を看護師長にわたした。
それから1時間ぐらいして看護師長に会った。
このことで病院を訴えるようなことはしないと約束したら、
看護師長は意思が誤って処方してしまったことを認めた。
医師の話を聞いて深層が明らかになった。
彼はコンピューターの身長の記入欄に体重を入力していたのだ。
もし友人が間違った量の抗がん剤治療を受けていたらどうなっていたかと訊ねたところ、
肝臓あるいは腎臓の機能不全を起こして死をまねいたかもしれないと聞かされた。

中国には乳癌が少ない[P.112-113]

「中華人民共和国におけるがん死亡率図譜」を眺めて最初にびっくりしたのは
中国全域を通じて乳がんが驚くほど少ないということであった。
中国全体の乳がん死亡率は1万人にたった1人だったのである。
この死亡率は多くの西欧諸国における10人に1人という数字にくらべてきわめて低いものであった。
しかし、異なる国のデータを単純にくらべることができないのは当然である。
オックスフォード大学教授のリチャード・ドール卿
(喫煙と肺がんの関係を初めて確認した研究者)が指摘するように、
まず年齢構成を考慮しなくてはならない。
たとえば、乳がんや前立腺がんのように主として中年から高年にかけて多いがんなら、
高齢者が多い欧米諸国にくらべて若年者が多い中国で、死亡率が低くなるのは当然である。
そのため、疫学者は年齢構成が異なる国々の比較ができるように年齢調整死亡率を計算している。
しかし、この年齢調整死亡率を用いても、乳がんと前立腺がんの死亡率は、
イングランド、ウェールズ、スコットランドにくらべて、中国や日本では非常に低い。

死亡率ではなく発生率をみると、中国の啓東地方の女性は10万人のうち11人しか乳がんにならない
(前立腺がんの発生率はさらに低く10万人中わずか0・5人である!)。
しかし中国でも、都会(上海と天津)の乳がん発生率は地方(啓東)の2倍となる。

中国人は乳製品を食べない[P.118-119]

私が共同研究を行った中国人の研究者はいつも「ミルクは子どもが飲むものだ」と言っていた。
中国系の親しい友人は、夕食のデザートにだされるチーズをいつも丁寧に断った。
伝統的な中国風の生活を送っている人で、
赤ちゃんに牛乳屋乳製品を与えるなどという習慣は中国の伝統にはなかったのだ。

中国人は、私たち西洋人の牛乳に対する思い入れを非常に奇妙なことだと思っているようだ。
1980年代の初めに、中国から多数の科学者がやってきて歓迎の宴が開かれた。
外務省のアドバイスで、アイスクリームがたっぷり入ったプディングを用意するよう宴会業者に頼んだ。
中国人はこのプディングを見て「これは何でつくったのか」と訊ねた。
原料が牛乳だとわかると、通訳も含めて、中国人はすべて丁寧に、
しかし断固としてプディングを断り、一口も食べなかった。
「おいしいですよ」と勧めても、その気持ちを変えることはできなかった。

クレイマー博士の卵巣癌ヨーグルト説[P.120]

1989年に、ヨーグルトが卵巣がんの原因ではないかという論文がでていることを発見した。
ハーバード大学のクレイマー博士が卵巣がんになった人とそうでない人の食事を比較したところ、
卵巣がんの女性がそうでない女性にくらべて多くとっている食品がひとつあった。
それは乳製品であった。
乳製品のなかでもとくに、健康的と言われているヨーグルトの摂取量が多かった。
クレイマー博士は、卵巣がんの原因は
牛乳に含まれている乳糖の分解産物であるガラクトースだと推定している。05

乳製品を断ったら乳癌が完治したジェーン・プラント[P.121-122]

私は首にできたリンパ節のかたまりの大きさをはさみ尺(ノギス)で測ってグラフにつけてきた。
医師や看護師からはげましの言葉をもらったが、自分自身の観察は苦しい真実を物語っていた。
最初の抗がん剤治療はなんの効果ももたらさなかった。
かたまりの大きさはまったく変わらなかったのである。

そこで私は乳製品を完全に避けることにした。
数日のうちにかたまりが退縮し始めた。
2回目の抗がん剤治療が終わって2週間ほど経ち、
乳製品を絶って1週間経つと、くびのかたまりが痒くなり、硬さが減った。
グラフ上の線も下方に向かい、かたまりがだんだん小さくなっていった。
その線の下がり方は横軸に平行になるようなものではなく、直線的にゼロに向かっていた。
このことは、私の転移乳がんが、単に抑制されたとか緩和したというのではなく、
完全に治癒に向かっていることを示すものであった。

乳製品を完全に絶ってから約6週間経ったある土曜日の午後、1時間ほど瞑想を行っていた。
そのとき、かたまりが少しでも残っているかどうか首に触れてみた。
かたまりは完全に消失していた。
階下に降りていって、夫のピーターに首を触ってもらったが、
彼もかたまりらしきものにまったく触れることができなかった。
翌週の木曜日、チャリング・クロス病院でがん専門医の診察を受けた。
彼は最初、困惑してくびのあたりを触診していたが、
「なにもありませんね」と言って喜んでくれた。
ごく最近(1999年)この医師の診察を受けたとき、
彼は私が受けた抗がん剤治療は過去20年間行われてきた、
ごく基礎的なものだったと教えてくれた。
どの医師も、乳がんが首のリンパ節に転移した段階で、
私が抗がん剤治療で元気になることはもちろん、
生き延びるとすら思っていなかった。

私が最初、この医師に「乳製品を止める」という考えを相談したとき、
当然のことながら彼はその効果を疑った。
しかし今では、彼は「中華人民共和がん死亡率図譜」を講義に使い、
自分の乳がん患者に乳製品を止めることを勧めている。

私は今、乳製品と乳がん(おそらく前立腺がんも同じ)の関係は、
タバコと肺がんの関係と同じであると信じている。

授乳中の母親が牛乳を飲むと乳児に腹痛が起きる[P.130]

小児科医はずっと昔から、牛乳がときに幼児の激しい腹痛の原因になることを知っていた。
今では私たちも、子どもを母乳で育てている母親が牛乳を飲むと、
授乳した子どもに激しい腹痛の起こることがあることを知っている。
ウシの免疫抗体IgGが母親の血液から母乳に移行して乳児に達するからだと言われている。09

腸過敏性症候群パラ結核菌説[P.132]

牛乳は、多くの細菌微生物の格好の培養液である。
低温殺菌は当初、牛乳中に存在して熱に抵抗性があると考えられていたコクシエラ菌
(肺炎に似た熱病――Q熱――の起因菌)と結核菌を殺すために考えだされた。
しかし、63度で30分とか71・7度で15秒などという低温殺菌では、
パラ結核菌の一部が生き残ることが明らかとなった。
パラ結核菌はウシに、ヨーネ病と呼ばれる慢性腸炎
(難治性の下痢、体重減少、衰弱が主症状)を惹き起こす。
ヨーネ病は、世界中に広がっている最大の細菌性家畜伝染病である。
パラ結核菌と人間の過敏性腸症候群との関係を指摘する研究者もいる。12

イスラエルの乳癌死亡率は牛乳中の残留農薬に関係している[P.134]

イスラエルの乳がん死亡率が1976年に過去の2倍に増えたのは
牛乳中の汚染物質(農薬)が原因ではないかという仮説が提出された。14
政府が1978年に農薬の使用を禁じたところ、牛乳中の農薬濃度は激減した。
それにともなって、イスラエルの乳がん死亡が大幅に減少したという。
イスラエルの牛乳で問題になった農薬は、エストロフェンと似た性質をもつDDT
(訳注:環境内分泌かく乱物質――環境ホルモン――のひとつ)であった。15

厚生労働省研究班の乳製品と前立腺がんの疫学調査[P.153-154]

2008年4月16日の夕刊で朝日新聞は以下のように伝えた。

「牛乳やヨーグルトといった乳製品を多く摂取すると、
前立腺がんになるリスクが上がる可能性があることが、
厚生労働省研究班の調査でわかった。……中略……
調査は95年と98年、全国各地に住む45~74歳の男性
約4万3000人に食習慣などを尋ね、04年まで追跡した。
摂取量に応じて4つのグループにわけ、前立腺がんとの関係を調べると、
牛乳を飲む量がもっとも多かった人たちが前立腺がんと診断されるリスクは、
もっとも少ない人たちとくらべて1・5倍だった……後略」

官庁の研究班が「乳製品と前立腺がん」の関係を認めたのはおそらく世界で初めてだろう。
日本では世界最速で前立腺がんの発生が増えているが、これはその証しでもある。
この新聞発表は、学術誌への論文掲載に合わせて行われた。45

この論文によると、総乳製品(牛乳、ヨーグルト、チーズ)の
1日あたり摂取量がもっとも多い者(338・8g)は
少ない者(12・8g)にくらべて、前立腺がんリスクが1・63倍、
牛乳摂取(290・5g対2・3g)が多い者は1・53倍、
ヨーグルト摂取(31・5g対1・9g)の多い者は1・52倍であった
(いずれも統計上、偶然とは言えない数値)。
ただし、チーズ(6・2g対1・9g)に関しては1・32倍で、
統計学的に意味のある増加ではなかった。
日本人のチーズ摂取量が少ないからであろう。
残念なことに、この研究班は
乳製品による前立腺がん増加の原因を乳製品の飽和脂肪で説明しようとしている。
厚生労働省の研究班としてはこのあたりが限界なのであろう。

プラントプログラム[P.158-159]

  • 食品からのホルモンや、ホルモン様物質の摂取を減らす。発がん性や内分泌かく乱性が疑われている化学物質を体内にとりこまない。
  • がんの発生を防ぐとされている物質を含んでいる食品の摂取割合を増やす。
  • 正常の細胞分裂に必要な亜鉛、ヨウ素、葉酸などが十分に体内にとりこまれるようにする。
  • DNAを損傷するフリーラジカル(訳注:がんの発生に関係の深い活性酸素など)を体内から除去する。
  • 有機的に生産された農産物を新鮮なうちに食べる。
  • 食物繊維・ビタミン・ミネラル・天然色素などが失われていることの多い精製された食品、缶詰、保存食品、煮(焼き)すぎた食品をできるだけとらないようにする。これには食品加工の過程で加えられた保存料などの食品添加物を避けるという目的もある。
  • 手術、放射線治療、抗がん剤治療に耐え、かつ回復を早める身体をつくるのに役立つ食事にする。放射線治療のところ(85ページ)で述べた方法は、宇宙に滞在しているあいだに浴びる放射線から宇宙飛行士を護るために開発されたものである。
  • 健康的な食生活が長続きするように、たくさんの選択肢を用意する。

同毒療法の害悪[P.160]

治療根拠がまったくない同毒療法(訳注:病原因子と同じ性質をもつ物質を少量ずつ与える治療法)
を推奨する詐欺師まがいの代替療法の推進者もいる。
チャリング・クロス病院に入院中の胃がん患者に、
こっそり花崗岩の粉末を飲ませている女性治療師と話をしたことがある。
彼女によると、花崗岩の多いウェールズ地方には胃がんが多いというのがその治療法の根拠であった。
だから胃がんの原因は花崗岩で、その粉末を飲ませると、がんが治るというのだ。
私は地球化学の専門家である。
ウェールズ地方には花崗岩がほとんどないこと、
胃がんの多い地域の岩石は花崗岩ではないことを話したところ、彼女はびっくりしていた。
放射線治療の副作用の予防になると言って、放射性物質を与えている治療師もいた。
たとえいかに希薄な濃度のものであっても、
放射線曝露をできるだけ少なくすることが重要と考える私の理解を超える治療法であった。

「出産・授乳すると乳癌になりにくい」に根拠なし[P.160-161]

ある乳がんに関する書物には、
若いうちに子どもを産んで授乳すると、乳がんになりにくいと書かれていた。
この妊娠・授乳が乳がんを予防するという考えは、
イタリアの尼僧(生涯未婚)には乳がんが多かったという観察報告に基づいている。
しかしながら、この報告は、単に、独身の尼僧に乳がんが多かったと言っているだけで、
妊娠・授乳が乳がんを予防すると言っているわけではない。
かつての修道院の生活は、
一般の人の生活にくらべて非常に豊かであったという事実を忘れてはならない。
私は、乳がんになった修道女は大量の乳製品を摂取していたと推測している。

避妊薬ピルを服用すると乳癌のリスクが上昇する[P.162]

避妊ピルを服用している若い女性の乳がんリスクはそれほど大きいものではないが明らかに上昇する。
ただし、服用を止めて10年以上経つと、リスクは消失する。
妊娠率の高い10代後半から20代前半のピル服用者の乳がんリスクは低いが、
20代後半の使用ではリスクが高くなる。
とくに、40代の前半までピルを使っていた女性では乳がんリスクがかなり高くなると言われている。46

乳癌患者の牛乳人体実験[P.166]

今までに、63人の乳がんになった女性にこの食事を実践してもらった。
乳がんが再発した人はひとりもいない。
このなかには、骨転移のある進行性乳がんを患っていた、カナダの友人の70歳になる母親も含まれている。
また、初めての子どもを母乳で育てているときに、
乳がんという診断を受けた若いイギリス人女性も含まれている。
私が勧めた食事を拒否した人や、実践していると言いながらしていなかった人が5人いたが、
これらの人のなかには、気の毒なことに乳がんが再発し、そのために亡くなった人もいる。

植物は癌にならない[P.178]

植物にもがんのようなものができるかもしれないが、
少なくとも私は、今まで植物のがんというものを見たことも聞いたこともない。
ロンドン市内の、ある樹木は100年以上も紫外線に曝されてきただけでなく、
私たちがまき散らしている環境汚染物質を浴びてきた。
それなのに、植物はがんにならない。
植物には、発生する活性酸素やフリーラジカルなどを処理する物質が含まれているからだ。

生ジュース療法を併用すれば抗癌剤を投与しても髪が抜けない[P.180]

抗がん剤治療を受けても頭髪が抜けることなく、私が速やかに回復したのは、
葉酸をたくさん含む新鮮なジュースを飲んだためだと信じている。
私は治療中、緑色のリンゴとフェンネルが1:1のジュース250ミリリットルと
ニンジンジュース250ミリリットルを毎日飲んだ。
さらに、葉酸の豊富なメロンをたくさん食べた。
私と一緒に抗がん剤治療を受けていた人で、
葉酸ピルだけを飲んでいた人は髪の毛が抜けてしまったが、
私の勧めでジュースを飲んだ人は髪の毛が抜けなかった。

ヨウ素が欠乏すると肌が荒れるジェーン・プラント[P.199]

アイスランドのケルプを食べるようになってから、私の肌の状態は非常によくなった。
たとえ短期間でもケルプがないと、肌が荒れ始める。
肌荒れは、肘、膝、臀部から始まって全身に広がるが、ケルプを食べるとたちまちおさまる。

ブラジルナッツはラジウムに汚染されている[P.200]

ブラジルナッツも、放射性物質ラジウム226を高濃度に含んでいることが多いから、私は食べない。
同僚がブラジルナッツの放射能のことを話したとき、
それまでこのナッツを食べていた私は信じなかった。
しかし、ブラジルナッツを一晩、放射能検出器に置いて、
その放射能を確認してからは食べないことにした。

土壌のセレン濃度が高い地域ほど癌が少ない[P.226]

自然界ではセレンは土壌に存在する。
したがって、食物からのセレン摂取量は作物が育つ土壌のセレン濃度に依存している。
アメリカ全土の土壌のセレン濃度とがん死亡率を地域ごとにくらべた地図がつくられている。
この地図を眺めると、セレン濃度が低い地域ではがんによる死亡率が高い。
たとえば、アメリカでがん死亡率がもっとも高いオハイオ州は、セレン濃度がアメリカでもっとも低い。
反対に、セレン濃度がもっとも高いサウスダコタ州のがん死亡率は全米でもっとも低い。90

病気になっても習慣を変えられなかったジョン・カマック医師[P.269]

食生活を変えることがいかにむずかしいか、
その典型例を私が尊敬していたジョン・カマック医師(母親の主治医)にみることができる。

乳製品を排除することによって、
私が、再発をくりかえす乳がんから奇跡的といえるほどに回復したことに驚いて、
カマック医師は、彼の乳がん患者に、私に会って私のアドバイスに従うように強く勧めてくれた。
しかし、彼自身は自分の生活スタイルを変えようとはしなかった。
彼は頑固に、野菜が少なくて乳製品が多いイギリスの伝統的な食事に固執していた。
彼は、あらゆるアブラナ科の野菜を食べることを拒否した。
私が薦めた食品で彼が食べてくれたのは唯一、エンドウ豆だけであった。
彼は次第に関節炎、糖尿病、狭心症などの病気に悩まされるようになった。
狭心症のバイパス手術を受け、その6か月後に肝臓がんで亡くなった。
彼は、専門医が処方するたくさんの薬剤を服用していた。
彼が自分のために選んだ飲食物は、当時、狭心症によいと言われていた赤ワインだけだった。
彼が私の意見に耳を傾けようとしたときはすでに遅かった。
亡くなる少し前には果物・野菜のジュースを飲み、大豆製品を食べるようになった。
今でも私は、入院中の彼を最初に見舞いに行ったときのことを想いだす。
看護師が「飲み物はなににするか」と聞きにきた。
私はオレンジジュースを勧めたが、彼が選んだのは大きなコップに入った牛乳だった。

妊娠中でも搾乳する現代酪農[P.297-300]

現代酪農は遊牧酪農と大きく異なっている(図5)。
根本的な違いは「妊娠牛からミルクを搾るようになった」ということである。
哺乳類は、出産後にミルクを出すが、母動物は子がミルクを飲み続けている間は妊娠しない。
子の鳴き声、乳首の吸引、乳房の突き上げなどによる
プロラクチン・オキシトチンの分泌が排卵を抑制するからだと言われている。

<中略>

ところが現代の酪農では、妊娠後半のウシからも大量のミルクを搾っている。
出産後ただちに子ウシを引き離し、
濃厚飼料を与えて搾乳器でミルクを搾りつづける(搾乳期間:300日)。
搾乳しながら、出産2~3か月後に人工授精で妊娠させる。
妊娠すると、子宮内に胎仔を保持するために、
血中の卵胞ホルモン(エストロジェン)と黄体ホルモン(プロジェステロン)の濃度が高くなる。
したがって、妊娠中の乳牛から搾った乳汁にはこれらの女性ホルモンが多量に含まれている。
牛乳のエストロジェンは主として硫酸エストロン(エストロンの硫酸抱合体)として存在する。

ヒープとハモンによれば、妊娠していないウシから搾乳したミルクの乳清(ホエイ)は
約30pg/mLの硫酸エストロンを含んでいる。
ウシが妊娠するとその濃度が高くなり、
妊娠41~60日には151pg/mL、妊娠220~240日には1000pg/mLに達する。
この硫酸エストロンは、口から入ってエストロジェン効果を示す女性ホルモンである。
事実、妊娠馬の尿から抽出・精製した硫酸エストロンが
プレマリンという天然経口ホルモン剤として使われている。

現在の酪農家が飼育している乳牛の75パーセント(4頭のうち3頭)は妊娠している。
出産前の2か月間(乾乳期)を除いて、すべてのウシから搾乳する。
牛乳はタンク内に集められ、牛乳メーカーに出荷されているから、
日本の牛乳(もちろん他の先進国においても同様)の
4分の3(75パーセント)は妊娠牛から搾乳したものである。
女性ホルモンはステロイド骨格であるから、加熱滅菌によって分解しない。
したがって、市販の牛乳は(数百pg/mLのエストロジェンとその数十倍のプロジェステロン)
を含んでいる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です