バベルの図書館

書籍と雑誌の要約と解説

飲んで治す「高血圧」の特効食

ノーベル賞理論「クエン酸サイクル説」があなたを守る!

装丁
飲んで治す「高血圧」の特効食 飲んで治す「高血圧」の特効食
坂倉弘重(元国立健康・栄養研究所臨床栄養部長)
青春出版(PLAYBOOKS-708)
ISBN4-413-01708-0
1998/03/05
¥810
帯紙
アメリカ高血圧合同委員会の最新発表――
放っておくと手遅れになる!
<血圧>上130・下85では危険信号!
ノーベル章理論「クエン酸サイクル」があなたを救う!
全国で驚きの体験例、天然コウジ黒酢の秘密
解説
「飲んで治す」対高血圧研究のすばらしい成果に注目!

最近とみに長寿が話題にのぼる沖縄で、10年研究活動を続けてきましたが、
肉類の摂取が日本一高く、また肥満率も非常に高い沖縄の人々が、
今、健康をもっとも気にする多くの現代人よりも、
成人病におかされない体質を持っているのに、たいへん意外なものを感じてきました。

本書では、さらに興味深いことに、栄養学の権威であられる板倉先生が、
別のすばらしい発見をしてくださいました。
酢については私自身以前から関心を持ってきましたが、
板倉先生の指摘する天然コウジ黒酢は、見事にその効果を証明してくれています。
私のなしえなかった研究、成人病、特に高血圧の研究を完成させてくれたような気がして、
本書の誕生は喜びにたえません。

徳島大学医学部教授 保健学博士 山本 茂

目次
  1. 知らないだけで手遅れになる
    高血圧・恐い常識のウソ
    ――正常値と思っていた人が突然倒れる現実の裏で
  2. 飲んで治す最新研究レポート
    高血圧・成人病の特効食をさがして
    ――健康・不老・長寿のカギをにぎる「抗酸化物質」の秘密
  3. ついに見つけた期待の特効食
    コウジ黒酢が秘めた力の正体とは
    ――ノーベル賞理論が裏づける驚異の純度98%成分の秘密
  4. 次々に明らかになった21の作用
    体験・実証例が明かすコウジ黒酢効果
    ――核酸・アミノ酸・ミネラル…「天然」ものだけが持つ特効成分
  5. すぐできる成人病追放の大原則
    高血圧を予防したい人、治したい人への10の処方箋
    ――効果が出る方法と出ない人の差はここにある!
文献
  • 女子栄養大学『日本食品標準成分表』「食品の塩分早わかり」[P.45]
  • 藤井潤&芦田嘆治『降圧剤の選び方と使い方』[P.63]
  • 日本栄養・食糧学会『日本栄養・食糧学会誌 Vol.45 No.6』[P.163_167]
  • 厚生省『日本人の栄養所要量』[P.187]

内容

高血圧のために失明した板倉弘重の受け持ち患者[P.35-36]

私が東大病院に勤めていたとき、こんなことがありました。
東京大学の学生が、自宅で試験勉強をしている最中に突然目が見えなくなって、
救急車で病院へ運ばれて来たのです。

調べてみたら、眼底出血を起こしていました。
そして、眼底出血の原因が高血圧であることもわかりました。
最大血圧が200以上ありましたから、重症の高血圧です。

しかし、この学生は、しばしば頭痛を覚えたけれども、頭痛薬でしのいできたと言うのです。
頭痛が高血圧からくる症状だとは考えもしなかったわけです。
結局、この人は眼底出血のため、失明してしまいました。

板倉弘重の医療理念[P.72-73]

当時は動脈硬化がなぜ起こるのか、どうして血管にコレステロールがたまっていくのか、
詳しいことはほとんどわかっていないような状態でした。
原因がわからないから、予防法も治療法もわかりません。

「どうしたら患者さんを助けることができるのか?」

こんな思いからくる苛立ちや焦りを苦い気持ちでかみつぶすような毎日でした。

「どうしてコレステロールがたまってしまうのか?」
「どうしたら動脈硬化を治せるのか?」
「成人病の特効食はいったい何だ?」

こうした謎を自ら追及する日々が始まったのです。

板倉弘重グループが行った赤ワインの人体実験[P.92]

私たちの研究グループでも、赤ワインの抗酸化作用について調べています。
ボランティアの方10人を対象に、
赤ワインを飲む前後で血液の中の悪玉コレステロールがどう変化するかを調べたところ、
赤ワインを飲んだあとには動脈硬化の原因になる悪玉コレステロールの酸化が抑制されていたのです。

つまり、赤ワインに含まれているポリフェノールが、
活性酸素の働きを抑え込んでくれることを、ついに証明したのです。

この研究成果をイギリスの医学雑誌『ランセット』に掲載したところ、大きな反響をいただきました。
また、赤ワインは体にいいというブームも起こりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です