バベルの図書館

書籍と雑誌の要約と解説

続買ってはいけない化粧品

さあ、髪も素肌もより美しく…!

装丁
続買ってはいけない化粧品 続買ってはいけない化粧品
船瀬俊介
三一書房(三一新書1197)
ISBN4-380-98015-4
1998/11/30
¥850
テレビCMやファッション誌はウソだらけ!

あなたを惑わす化粧品広告や美容部員の甘い囁き。
このカラクリを知ればあなたはもっと美しくなれる!

目次
  1. あまりに、ひどい…「読者の便り」から
    1. マインド・コントロール
    2. 目からウロコ
    3. くやしい
    4. 二五〇万円
    5. 痛い!!
    6. ガーン
    7. CAC化粧遺品
    8. ああ…”美顔器”
    9. 「研修」のワナ
    10. 犯罪的”栄養学”
    11. 一〇代みたい…
    12. ヤッタ!返金成功
  2. テレビCMはウソだらけ
    1. 資生堂ホワイテス
    2. メナード肌チェック
    3. エラグ酸
    4. DHCオリーブオイル
    5. ヴァーナル
    6. SK-Ⅱのわな
    7. ふくだけコットン
    8. メラニンコントロール
    9. アンチエイジング
    10. 毛穴スッキリ?
    11. 人魚のCM
    12. 「信じて…」
    13. パンテーン
    14. 怖い…”アリエール”
  3. 女性雑誌…「美白」の犯罪
    1. “瞬白液”
    2. 雪肌精
    3. 清肌晶
    4. ヘレナ
    5. エスティローダー
    6. 大人のニキビ
    7. 飲むコラーゲン
    8. クロワッサンの罪
  4. “夢”のフロアで、つかまえて
    1. コーセー
    2. ホワイトニング
    3. 資生堂
    4. マックスファクター
    5. カネボウ
    6. 美容部員も
  5. これは”犯罪”です
    1. ウソツキ「UVケア」
    2. サマーハット
    3. 美白の”犯罪”
    4. 年収六六億円
    5. カワイ告発
    6. ニュー・スキン
    7. PL裁判へ
    8. 髪ハラハラ…
    9. 女性用「育毛剤」
    10. 許さない「扶洋薬品」
    11. 愚劣の極み
  6. 環境ホルモンが…化粧品にも!
    1. 環境ホルモン・ショック
    2. メス化する自然
    3. 精子激減
    4. 化粧品にも…
    5. 全成分表示を!
    6. 危険…UV化粧品
    7. 合成洗剤も
    8. ノニルフェノール(NP)
    9. オー!”マイルーラ”
    10. 手を洗う
    11. 界面活性剤の害
    12. リンスの戦慄
    13. せっけんは?
  7. お肌も髪も、自然がいちばん!
    1. 老化
    2. 親のカタキ?
    3. 『殺菌石鹸ミューズ』
    4. 皮ふのしくみ
    5. 透明感
    6. 洗いすぎない
    7. さあ!ガマン
    8. 純せっけん
    9. 酸性化粧水
    10. “リン酢”
    11. ファンデの正体
    12. ノーメイク
    13. MAKEメイク DOWNダウン
    14. ポイント・メイク
    15. 「一〇〇円ショップ」
    16. 仰向けシャンプー
    17. 髪が生えてきた!
    18. スキャナー
    19. 真実のヘアケア
    20. プロのこだわり
    21. “白髪対策”
文献
  • 『フィガロジャポン』1998年5月2日[P.60]
  • 『週刊金曜日』1996年4月19日[P.69]
  • 船瀬俊介『続だからせっけんを使う』[P.76_189]
  • 『合成洗剤研究№1』[P.83]
  • 『クロワッサン』「今さら人に聞けない、おとなの化粧」1998年5月25日[P.106]
  • 船瀬俊介『続々どうしても化粧したいあなたに』[P.132]
  • 『毎日新聞』1998年6月10日[P.146]
  • 『週刊新潮』1998年6月4日[P.153]
  • 『消費者リポート』1997年9月17日[P.160]
  • 『産経新聞』195年5月1日[P.163]
  • 『日刊スポーツ』1996年5月24日[P.164]
  • 『東京新聞』1997年9月5日[P.164]
  • シーア・コルボーン『奪われし未来』[P.174]
  • 船瀬俊介『プロも知らない「新築のコワサ」教えます』[P.175]
  • テレビ朝日『ザ・スクープ』1998年4月4日[P.181]
  • 『サイエンス』1996年6月[P.195]
  • 『週刊金曜日』1998円1月9日[P.198_206]
  • 『香料と化粧品の科学』[P.199_214]
  • 西岡一『化粧品毒性テーブル』[P.201]
  • 『朝日新聞』1997年10月日[P.209_212]
  • 日本消費者連盟『消費者リポート№974』[P.250]
  • 国民生活センター『たしかな眼』[P.255]

内容

茨城県水戸市の脳外科病院「志村病院」院長、志村弘道医師によると五〇〇名近い患者のうち、
一二名が美容院で、髪をシャンプーしてもらっている最中や、あるいは数日後に
「手足のしびれ」「めまい」「吐き気」「半身まひ」などの症状に襲われています。
いわゆる“美容院・卒中症候群”。男性の行く理髪店など“うつぶせ型”洗髪。
それにたいして仰向けは頸部に負担がかかりやすい。
さらに「頭を後ろに大きく反らして、首が左右に揺すられるような洗い方だと、
卒中を起こしやすい」と志村院長は注意を呼びかけています。
(『読売新聞』97/12/2)[P.244]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です