バベルの図書館

書籍と雑誌の要約と解説

Category: 酢

カンタン!「お酢パワー」健康法

血液サラサラ、肩こり解消、シミ・シワ防止

装丁
カンタン!「お酢パワー」健康法 カンタン!「お酢パワー」健康法
落合敏(千葉県立衛生短期大学栄養学科教授)
PHP研究所(PHP文庫495)
ISBN4-569-66464-4
C0177
2006/04/19
¥495
帯紙
食べるだけじゃもったいない!
ぬる、貼る、浸かる……
「お酢」の活用法が満載!
解説
『「お酢のパワー」で元気になる!』を改題。
目次
  1. こんなにすごい! お酢の効能4つのマジック
    1. 酢的効能① 劇的に効く! 美肌美人になれる お酢マジック
      1. マンガ まずは実践!! 美への道も1本のお酢から
      2. お酢で身体の内側からシミ&シワを予防
      3. 手づくりお酢クリームで肌あれを防止
      4. お酢の殺菌パワーでニキビをノックアウト
      5. フケや抜け毛には頭皮をお酢でマッサージ
      6. お酢リンスでゴワゴワ髪がしっとりさらさら
      7. もの知りお酢ばなし お酢は塩とならぶ世界最古の調味料
    2. 酢的効能② ここに効く! ちょっとした症状に お酢マジック
      1. マンガ つらいけどそのままにしているあの症状に、お酢が効く!
      2. ハーブドレッシングサラダでヘルシーに便秘解消!
      3. 口臭予防&退治にお酢パワーは力強い味方
      4. つらい肩こりや腰痛にお酢タオル
      5. お酢と小麦粉、ガーゼでつくる、かんたん温冷湿布
      6. 水虫にはお酢で足湯。継続すれば再発なし!
      7. もの知りお酢ばなし 酒があるところにお酢あり。お酒とお酢の密接な関係
    3. 酢的効能③ すぐに効く! 家にひとビン常備薬 お酢マジック
      1. マンガ 困ったときにすぐ助けてくれる。お酢はあなたの常備薬
      2. お酢の酸味のはたらきで食欲不振を解消!
      3. お酢+糖質、お酢+豚肉で疲れ知らず!
      4. ビタミンC+お酢でストレス解消
      5. 風邪の予防に効果てきめん、特製うがい薬
      6. 酢のものを肴に酒を飲めば二日酔い知らず!
      7. もの知りお酢ばなし 米どころ日本は味わい豊かな純米酢が主流
    4. 酢的効能④ なが~く効く! 継続は病をも治す お酢マジック
      1. マンガ ついついしてしまう暴飲暴食。そこに立ちむかう頼もしいお酢
      2. お酢をプラスしてカルシウムの吸収効率を大幅UP!
      3. 糖尿病になる前にお酢を毎日とりたい
      4. お酢を摂取して、ドロドロ血液をサラサラに
      5. 高血圧予防にはお酢で減塩がいちばん!
      6. もの知りお酢ばなし 長い船旅の船員の身体をささえた、ビタミンC+お酢パワー!
  2. こんなにある! お酢の種類と使い方
    1. マンガ お酢はいろいろな料理にアクセントをつけている!
    2. 穀物酢
    3. 果実酢
    4. はちみつ酢
    5. もの知りお酢ばなし 1本でこんなに使える! お酢の便利活用術
  3. もっときれいになる! 健康倍増レシピ集
    1. マンガ さあ!お酢でクッキング。身体にしみこむ健康エキス
    2. 料理の腕が格段に上がる、かしこいお酢の使い方
    3. ごはん
    4. スープ
    5. 主役のおかず
    6. 脇役おかず
    7. デザート
文献
  • 落合敏『お酢のパワーを使いきる! 107の便利帳』
  • 落合敏『食べるだけで血液サラサラ ワザあり! 115のレシピ』
  • 落合敏『お酢・ビネガー・バルサミコ酢でダイエット』
  • 落合敏『酢・バイブル』
  • 食品健康活用研究所『家庭でできる 特効 お酢健康法』
  • アスペクト『至宝の調味料2 酢』
  • 滝野吉雄『こんなにもある! 食酢のヘルシー効果』
  • 飯塚律子『お酢百効』

内容

  • お酢に含まれるクエン酸はわずかに約0・2%。[P.21]
  • 酢の主成分である酢酸は体内でクエン酸に変わるため、お酢でクエン酸をとるだけでも十分なのです。[P.21]
  • ガーゼ部分にお酢を少量つけたばんそうこうを患部にはるだけで、ケガの治りを早めてくれます。[P.22]
  • 腸内では、大腸菌などの有害細菌を減らしたり、食品の消化吸収を高めてくれるほか、便秘を予防するはたらきも。[P.23]
  • なぜお酢がカルシウムの吸収をうながすかというと、カルシウムとお酢の酢酸が化合して、身体に吸収されやすい「酢酸カルシウム」となるからです。[P.24]
  • お酢の賞味期限は、開栓しない状態で2年程度が目安です。[P.28]
  • たまに、お酢の中に白い物質が浮くことがありますが、これは空気中の酢酸が混入してできるセルロースという物質です。[P.28]
  • すでにできてしまったシミを消したいのなら、お酢を直接シミに塗る方法もあります。[P.32]
  • お酢には殺菌効果に加えて、菌によってダメージを受けた肌細胞の再生を早めるはたらきがあるので、アクネ桿菌を効果的に抑えることができます。[P.36]
  • ニキビ退治のために実践したいことのひとつが、酢水での洗顔です。洗面器に水とお酢を同量入れ、よく洗います。[P.37]
  • においの元となる酪酸菌を退治する効果もあり、口臭を身体の内側から解消できます。[P.50]
  • お湯1Lに対して大さじ1杯のお酢を加えて、酢湯をつくります。この酢湯にタオルを十分浸して、絞ったものを患部に当てるだけ。[P.53]
  • 痛みと腫れを和らげるビネガーシップ[P.54-55]
  • 水虫を2ヶ月で改善させる酢浴[P.57]
  • お酢を少量入れたお湯でゆでると殻が割れず、むくときもきれいにむけます。[P.121]
  • ポーチ・ド・エッグをつくるとき、煮たった湯に少量のお酢を落としてから卵を割り入れると、白身が広がらずにきれいに仕上がります。[P.121]
  • 隠し味としてハンバーグのひき肉をこねるときに、お酢を少量。[P.127]
  • バルサミコ酢やワインビネガー、リンゴ酢ならカレーやハヤシライスにひと振り。驚くほどコクが出ておいしさが引き立ちます。[P.127]
  • 一夜漬けを漬けるときに、少量のお酢をたらしておくと、味がぐっとやわらくなります。[P.127]

痛みと腫れを和らげるビネガーシップ[P.54-55]

市販の湿布薬以上の効果を発揮してくれるのが、お酢+小麦粉の冷湿布です。
用意するのは、お酢と小麦粉、ガーゼ。
適量の小麦粉にお酢を少しずつ加えていき、木べらなどで粘土状に練りあげていきます。
やわらかくまとまるようになったら、それをガーゼに塗って、患部にはります。
小麦粉が乾燥してボロボロになってきたら、新しいものと交換しましょう。
これを何度かくり返すことで、痛みやはれがだいぶラクになります。

水虫を2ヶ月で改善させる酢浴[P.57]

40度のお湯で10~100倍に薄めたお酢を、洗面器やバケツに用意します。
ここに足を入れて、20~30分ほど浸しておきます。
これを1日1~2回、2か月以上続ければ、かなり症状が改善されます。
症状がひどいようなら、お酢をお湯で薄めずに、原液のまま40度程度に温めたものを使います。
原液の場合は、浸す時間は15~20分が適当です。

見た目の症状が改善されたとしても、油断は禁物。
水虫の菌が皮下に潜伏して、再発する恐れがありますので、
半年くらい続けるのが理想的です。